~食品メーカーで働くことについての話~

食品メーカーに勤務する管理栄養士のブログです。

食品メーカーで働くことが向いていない人って?

 こんにちは。

 

どんな人でも、向き、不向きがあると思います。

仕事内容にしろ・・働く会社にしろ・・人間関係なども・・

 

本日は、

食品メーカーで働くことが向いていない人はどんな人なのかを書いていきます。

 

就活している方の参考にでもなればいいなと思います。

 

まず、給料が高いことを望む人は、基本、食品会社には向いていません。

 

誰もが知っているような超大手の会社ならば、話は別です。

しかし食品会社は、ある程度知名度があっても、中小企業であることが多いのです。

賞与も1回で1か月分あるかどうか・・という感じです。

 

なぜ給料が高くないのかというと、

工場の設備投資などにお金がかかったり、工場で水を大量に使ったりするので、水道代などもかなりかかるのです。また価格の安い商品は、利益率が低かったりします。薄利多売なのです。

 

就職活動の時は、初任給だけが分かる状態で、入社後の給料の上がり方などは分からないことがほとんどです。

初任給は20万くらいでも、そこから給料が少しづつしか上がらなかったりします。

なので、給料が高いことを望む人には、あまりお勧めしないです。

 

もちろん、探せば中小企業でも給料のいい食品会社もあります。

きちんと調べて、行動してみるといいと思います。

 

 

食品メーカーの商品開発部で必要だと思ったこと

こんにちは。

 

商品開発で仕事をしていると、

数字を扱う機会が多くあります。

 

ある程度は、数字に対して苦手意識がないほうがいいと思いました。

 

調味料の配合など・・・

 

何%の割合だとか・・

 

普段の業務で電卓を使うこともでてきます。

 

割合の計算や%の計算が苦手~

という方もいると思うので、

 

このような計算が苦手で、商品開発で働くことが決まっている方は、

少し勉強しておくといいと思います。

 

ただ、速く計算できるのがいいわけではないので、

ゆっくりでも正確に計算できるようにしておいた方がいいです。

 

 

工場勤務時代の私のメイク事情

こんにちは。

3月までは工場で勤務していました。

そのときのメイク事情について書いていきます。

 

以前、このような記事を書きました。

nutrition-suika.hatenablog.com

メイクする、しないは個人の自由なのですが、私がやっていたメイクについて書いていきます。

 

まず、工場の中では作業着、帽子、マスクを着用します。

そのため、見えている部分は目の部分くらいです。

私は、

ファンデーション、アイブロウ、眉マスカラ、チーク、リップティント、アイシャドウを塗っていました。

 

眉毛は帽子について、取れてしまったりするのでアイブローコートもしてました。

ファンデーションは、帽子で隠れるおでこの部分は塗りませんでした。

チークは塗っていたのですが、斜めに入れていたので帽子についてしまってました。

マスクでも見えるように上の方に入れてみても良かったのかもしれません。

リップティントなのは、落ちにくいからです。

最近は、マスクの供給が安定しなく、いろいろな職場でマスクを1日1枚、だとか、あて布を入れて2日に1枚というパターンもあるので、リップは塗らないほうがいいかもです・・

アイシャドウはしっかり目に入れてました。顔の見える部分で一番色が見えるのが目の部分なので、いつも使ってました。

 

最近は、通勤時もマスクなので、以前よりメイクをしなくなり、

スキンケア→ウユクリーム、眉毛、アイシャドウだけになりました。

 

最近は、スキンケアでこれを使っています。

 

 保湿もされるし、肌も自然にワントーン明るくなってお勧めです。

 

ウユクリームはこの紫を使っています。

塗りすぎ注意です。

 白、ピンク、紫、みどりが販売されていて、

その日の肌の調子によって合わせることもできます。

 なかなかなくならないので、コスパもいいです。

 

アイシャドウは、excel使っています。

 値段のわりに発色よくてお勧めです。

 

牛乳瓶のデザインのスキンケア、特におすすめです。

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

食品メーカーの開発職の人って料理はできた方はいいの?

こんにちは。

 

食品メーカーの開発職の人って料理はできた方がいいでしょうか・・?

 

 

答えは。。

別にできなくても問題ありません笑

 

2年前、就活をしていました。

食品メーカーで開発希望で面接を受けました。

 

そのとき、最後の逆質問のときに

「基本的な料理はできたほうがいいですか?」

と聞いたことがあります。

 

すると、面接官の方は笑いながら、

「キャベツの千切りができないといけないとか、そういうのはない」

と仰っていました。

 

実際の開発職の中にも、普段、料理しないという人はいます。

 

普段、料理しない人でも、全然問題ないです。

 

開発職は、試作の段階では、料理をしているみたいな感じです。

しかし、それを工場の中に落とし込む必要があります。

そう考えると、料理とは少し違うのです。

 

工場と試作室では、なんせスケールが違いますからね・・

試作では問題なくても、工場ではあれっ?思うようなことが起きたりするのです。

逆に、工場での設計を試作室で作って、あれっ?と思うようなこともあります。

 

それを設計でどうしていくかは、開発が考えることです。

 

個人的には、開発職は料理ができることよりも、いろいろな商品だったり、料理を知っていることのほうが知識として役立てるのかなあと思います。

 

ただ、就活の面接で

「料理は好きですか?」「料理はしますか?」

と聞かれて、

「好きじゃないです。」「料理はしないです。」と答えるのも印象としては微妙な気もするので、

「料理は普段はしないですが、食べることは好きで、いろいろな商品を見ています。この知識を活かしていきたいです。」

「料理は普段しないので、普段料理をしない人の立場から、いい商品を作り出していきたいです。」

などと、答えるといいかもしれません。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

食品会社の社員の勤務はどうしてる?在宅勤務はできる?

こんにちは。

 

緊急事態宣言が延長されましたね・・

はやくコロナウイルスが収束して、緊急事態宣言も解除された状態になってほしいものです・・

なかなかそうはいきませんね・・

 

今日は、食品会社の今の状況での勤務事情について書いていきます。

 

リモートワークだとか、テレワーク、だとか、在宅勤務という言葉を耳にする機会が多くなっていると思います。

 

しかし、家でできる仕事は限られています。

パソコンでの事務作業やWEB会議はできますが、それ以外に何ができるでしょうか・・?

 

会社に電話がかかってくることがあります。だから会社に誰かしらはいないといけない。

 

工場の人間は当然、職場に足を運ばないといけない。

 

開発職も在宅勤務は、ほぼ不可能です。

なんとか、予定を組んで丸1日、在宅で事務仕事くらいならできるかもしれません。

普段は試作もあるし、工場に足を運ばないといけないこともあるし、なかなか難しいのです。

 

 

私の知人の勤めている食品会社は、仕事も少なくなってしまって週に何回か自宅待機にさせたり(それでも給料はきちんとでるそうです)、生産が無くて休業手当の申請をしていたりします。

 

会社によっては、他の会社の人と会ってはいけないといったルールがあったり、時差出勤を行っていたり、今は会社でのルールがどの会社にもあると思います。

 

私も、今は緊急事態宣言によって、普段とは違った勤務形態なので、はやく戻ってほしいなーと思います。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

食品メーカーでの、工場現場と商品開発での必要な能力って?

こんにちは。

 

今日は、現場や開発での必要だと思う能力について書いていきます。

 

現場でも開発でも、

コミュニケーション能力は必要です。

 

ありきたりかもしれませんが、実際そうなのです・・

 

現場の業務では、言われた仕事を行うことが多いですよね。

ただ、全部の仕事を一人で行うわけではないし、分からないことは周りに聞くなどのコミュニケーションが必要です。

現場で働いている方はたくさんいて、中には怖かったり、強烈だったりする人もいると思います。

現場だと、他部署とのかかわりがそこまでないです。

その人の立場にもよりまずが、入社してそこまで月日が経ってないときに、他部署の方と仕事でコミュニケーションをとる機会はあまりないと思います。

 

では、商品開発ではどうでしょうか・・?

商品開発では多くの部署の方と関わることになるし、他社ともかかわりを持つことになります。

営業、品質管理、原料、資材、現場、生産管理など・・・

多くの部署と関わることになると、さまざまな人と会うことになるので、そこでコミュニケーション能力が必要となります。

自分のことを知らないであろう人ともコミュニケーションをとる必要もでてくるのです。

うまくコミュニケーションをとって、自分のことを知ってもらうのも大切です。

 

 

コミュニケーション能力以外だと、

現場だと機械をよく見ることも大事だし、開発だと今、流行しているものを知ったり自分の会社にある商品を知ることも大切です。

 

コミュニケーション能力は、さまざまな部署で必要になるのです。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

今の外食産業は暇?

こんにちは。

西瓜です。

 

4月から工場勤務ではなくなりました!

今は開発で仕事をしています。

なので、これからこのブログでは、工場の話と開発の話も書いていきます。

開発の話の方がなんとなく需要は多いのかなという気はしています。

 

今日は、今の外食産業は暇かということについて書いていきます。

コロナウイルスがまだまだ収束しておらず、緊急事態宣言が出ている中、外食のお店に足を運ぶ人は少ないですね。お店が休業している場合もあります。

 

私の勤めている会社でも、業務用の売り上げが落ちています。

業務用の商品は外食産業のお店でお皿などに盛り付けられて販売される場合が多いのでどうしても売り上げが落ちてしまいます。お店などでトレーに詰めて売られたりする場合もあります。

 

私の周りにも外食産業と関連の深い会社に勤めている人がいます。

やはり、仕事は減っているようです。

お店が時短営業や休業をしていたりで注文も入らず、工場での生産もない・・・

ということが起こっています。

 

テイクアウトを行っている場合もありまずが、そのお店にテイクアウトがあることをしらなかったりするし、普段の営業通りの売り上げまでにはなかなかいかないです・・

 

テイクアウトをやっている場合には、積極的に利用していきたいですね。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

ラインスタンプ販売中

管理栄養士国家試験向けが多いです。

store.line.me